⑧羊水検査最終結果 (18週)


シータヒーラー&アーユルヴェーダセラピストのCocoです。

19週の妊婦検診は、日本帰国中で行けないため、

18週で受けることに。

そこで、旦那と一緒にゴールドコーストホスピタルに行く。

ちょっと早めに着いて待ってたら、

携帯に着信があるのに気がついた。

留守電が残ってて、

「羊水検査の最終結果が出たので、折り返し病院に電話をください」

とのこと。

ちょうど今、この病院にいるし笑

その直後に私の名前が呼ばれ、

エコー検査のお部屋に連れて行かれた。

検査技師さん「(カルテ見ながら) 羊水検査受けたのね〜。

結果はどうだったの?」

私「10分前に電話かかってきて、結果を折り返し電話してって留守電残ってたの」

検査技師さん「えっ!!!それは急いで聞かなきゃね!」

と、いそいそと院内にいるDrに聞きに行ってくれた。

 

 

 

 

 

3分くらいで帰ってきて、

検査技師さん「結果は “Normal” よ」

と。

中間報告と同じ結果だった。

 

 

 

 

 

 

 

長かった1ヶ月半。

ようやく前に進める(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

 

 

 

 

 

何も決断のしようがなかったから、

結果が出るまで考えるのをストップしてた。

ようやく解放された、この状態から。

 

 

 

 

 

結果が「正常」だから良かったとは言えない。

私自身、「異常」と診断されても、産む可能性だってあったし、

正常だろうと異常であろうと、

子供を育ててる親たちを尊敬するという意味で、

そこは手放しで喜ぶつもりはない。

ただ、結果が出て、次に進めるという事実は、

喜ばしいこと。

このどうにもならない1ヶ月半の状態は、

誰にも経験して欲しくない。

だから、たくさんの学びを与えてくれたことには感謝し、

あとは手放そうと思う。

 

 

 

 

 

 

結果を聞いた後、

エコー検査が始まった。

今回のベビちゃんは向きが逆さまになってたり、

手で頭を隠してたり、

やんちゃしてました。

1時間以上も診てくれたので、

結構色んなことがわかった。

ひとつに性別。

本当は、産まれてからのサプライズにするつもりで、

病院のスタッフさんたちにも、性別は聞かないって言っておいたの。

今回一通りの診た感じ、男の子の”しるし”がなかった。

そして、検査技師さんが、

「She is so cute!!!」

って口走ったわけwww

女の子確定。

検査技師さんは、羊水検査結果の染色体見てるから、

確実な性別わかってる。

エコー検査の最後に

「染色体通りの性別だったわよ」

って言われたので、もうほぼ女の子決定。

エコー検査の部屋を出てから、

旦那に

「性別どっちだと思う?」

って聞いたら、

旦那「女の子確定」

って。

彼も聞き逃してなかった、技師さんがSheって言ったこと。

でも、聞いても悪いもんじゃなかったな。

名前が考えやすくなったし。

ということで、無事検診も終わり、

明日から気持ち新たに日本行ってきまーす。

日本行く前日に結果がわかって良かった。

 

空気読める子です。

色んなこと教えてくれてありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です