飛行機間に合うの、私?!


シータヒーラー&アーユルヴェーダセラピストのCocoです。

image

さて、いざLA到着したのは、23時。私のブリスベン行きのフライトは23:50。果たして間に合うんだろうか?イミグレ通るでしょ?並ぶじゃん?手荷物検査あるよね?…色々頭を巡らせながら、機体を降り、フライト情報を見ると、3つ先くらいのゲートらしい。え、国際線なのに国内線と同じターミナルで良いの?!

ひとまずそこへ行くと、女の人が立っていて、「搭乗券は?」って言われたけど、私、持ってないし。それでも良いわって言って通してくれた。え、ゆるーい。スタンプも何もないけど良いの?って聞いたら、それでも良いらしい。出国する時はどうでも良いんだろうか?私、次にアメリカ入国出来るのか?!ちょっと謎。とにかく、間に合いそうで良かった。

国内線のゲートからバスに5分ほど揺られ、大きな飛行機が並ぶ方へ連れて行かれる。このバスでイミグレをスキップできちゃうみたい。着いた先にはまた別の女性が立っていて、私の搭乗券も用意してくれていた。

飛行機に乗り込んだのは、既に23:30。通常であればもう搭乗できない時間だけど、無事に乗れた。機内は、超ガラガラ。隣の席に人がいたけど、離陸後、シートベルトサインが消えてから、フライトアテンダントが、「空いてるところ移っても良いわよ」と。ラッキー。おかげさまで、脚を伸ばして、寝れた。

私、飛行機乗る前にマニフェストしたんだけど、「14時間のフライトが4時間に感じますように」って。どんな風に叶うのかワクワクしてたら、こんな感じでした。最初の1時間は食事が配られ、少し起きてて、それから横になって爆睡。ぱっと起きてモニターを見ると、残り3時間でブリスベン到着だって!質の良い睡眠も確保出来て、快適フライトでした。

ブリスベン空港でもイミグレもあっさり通り、荷物はもう目の前にあったし、検疫もさらーっと、そして余裕持って電車に乗ることができた。全てはマニフェスト通り!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です