果たして食べることは必要なんだろうか?


アーユルヴェーダは教えてくれる。

“Food is medicine”

食べ物は薬であり、薬は食べ物である

ってね。

そして、appetite(食欲)は、大きな指標になる。

◼︎お腹が空いていないのに、お昼の時間だからと無理に食べたり、

◼︎この時間を逃すと、夜まで食べられそうにないから、今のうちに食べる

など、現代人にありがちなこの食生活。

アーマ(毒素)を溜めてしまう原因です。

修行を積んだYogiは、水とたった少しの粗食で、

一般人よりも長生きをする。

太陽の光だけを浴びて、栄養を取り込んでいる人もいる。

実際、それだけで生きていけるのが人間なんじゃないかって、

考えたりする。

私たちの意識の問題。

食べ物にとらわれ過ぎてるんじゃないかって。

食べ物の質(例、オーガニック)、量(両手サイズ)は大切。

でもその前に、自分の中から発するサイン(食欲)を

見つめてみることが、

まずは大切なんじゃないかな、

アーユルヴェーダを勉強しながら思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です